特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(特定外来生物被害防止法)

の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による

2016年10月1日施行。 は平成16年法律第78号、2004年(平成16年)6月2日にされ、(平成17年)に施行された。

19
その目標の一つとして、「侵略的外来種が制御され、根絶される」という目標が掲げられました(目標9)。

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による

3 主務大臣は、第十八条第二項の認定を受けた防除が第十一条第二項の規定により公示された事項に即して行われていないと認めるとき、又はその防除を行う者がその防除を適正かつ確実に実施することができなくなったと認めるとき若しくは前条に規定する報告をせず、若しくは虚偽の報告をしたときは、その認定を取り消すことができる。 輸入する場合は、事前に主務大臣に対して届け出る必要がある。 2 主務大臣等は、前項の納付期限までに負担金を納付しない者があるときは、主務省令で定めるところにより、督促状で期限を指定して督促しなければならない。

19
以下 「外来生物」という。

環境省_特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)の施行状況の検討に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)

の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による

これらの規制に違反した場合には、懲役または罰金に処されます。

14
また、特定外来生物について販売・頒布以外の目的での飼養、未判定外来生物について通知なしの輸入に対しては、個人には1年以下の懲役や100万円以下の罰金、法人には5,000万円以下の罰金が科される。

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律とは

の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による

2 If the competent ministers and others have employees engage in conduct pursuant the preceding paragraph, the relevant competent ministers and others, in advance, must notify the possessor of the land or the water surface, or owners of the trees or bamboo to that effect, and give them an opportunity to express their opinions. - 第十次指定リスト施行()• 同年9月1日施行。

11
)は、当該生物の種類を証する外国の政府機関により発行された証明書その他の主務省令で定める証明書を添付してあるものでなければ、輸入してはならない。

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行規則

の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による

日本在来のを捕食したり、これらと競合したりして、を損ねたり、人の生命・身体、農林水産業に被害を与えたりする、あるいはそうするおそれのある外来生物による被害を防止するために、それらを「」等として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入等について規制を行うとともに、必要に応じてやが野外等の外来生物の防除を行うことを定める。

2
禁止されることは、例えば釣った魚を持って帰って飼うこと、移動させて放流することです。

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律|条文|法令リード

の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による の 被害 法律 防止 等 生態 特定 生物 に 系 に関する 外来 係る による

第21条 未判定外来生物(在来生物とその性質が異なることにより生態系等に係る被害を及ぼすおそれがあるものである疑いのある外来生物として主務省令で定めるもの(生きているものに限る。 )をいう。

16
5 第一項の許可を受けた者は、その許可に係る飼養等をするには、当該特定外来生物に係る特定飼養等施設の点検を定期的に行うこと、当該特定外来生物についてその許可を受けていることを明らかにすることその他の主務省令で定める方法によらなければならない。