smart & try」

3d ワコール 3d ワコール

採寸結果はその場で印刷して持ち帰ることができる。 さて、それから数年経ち、新たな3Dボディスキャンを活用したパーソナライズサービスが出現してきました。 商品はワコールブランドとウイングブランド、直営店ブランドの幅広いテイストや対象年齢のブラジャーを中心に約150品番を揃える。

12
計測したデータは、店内のタブレットで体型分析や過去のデータと比較するなど、楽しみながらボディケアに活用いただけます。

ワコールの3Dボディスキャナーで下着選びを体験!カメラ20台で5秒で計測!! (1/1)

3d ワコール 3d ワコール

顧客のサイズの悩みと、選ぶ大変さという課題を解消し、納得感が得られる仕組みになっています。

13
心当たりありますか? 普通そういう人は、下着専門店でフィッティングをする際にも、なかなか合うサイズに到達できずに何度もサイズを変えて試すことになるんですが、合うサイズが一回で出るとはさすがワコール3D測定ですね~. この新しい接客サービスは次世代ショップにとどまらず、今後、様々なチャネルの店舗に展開し、お客様との対話からよりパーソナライズな情報を学習しながら、未来に向けて顧客体験を変えていきます。 帰国後卒業し、国内ジュエリー企業でダイヤモンドバイヤーとしてキャリアをスタートし、ニューヨーク、アントワープ、テルアビブに駐在。

ワコール3D測定についてです。

3d ワコール 3d ワコール

(特許出願中) ワコールが独自に開発した3Dボディスキャナーは、わずか5秒で周径だけでなく体積(バストのボリューム)を計測し、体型の特徴を判定。 今後、来店客の声、データを蓄積していくと同時に、ショップの中身をさらに改善しながら進化させていきますが、消費者にとっての分かりやすさ、使いやすさを何よりも重視していきます。 そこには従来の下着店で目にしたことのない光景が広がっていた。

13
体型をフィードバックしつつ、自分の好みと身体に合うブラジャーやショーツ、ガードルなどの相談を。 計測結果を元に、「接客AI」が顧客の体型特徴に合わせてセレクトしたレコメンド商品。

記者が体験!ワコール3Dスマート&トライで〝ぴったりブラ〟探し

3d ワコール 3d ワコール

好きな映画は「華麗なる賭け」「泥棒成金」「橋の上の娘」「ファントム・スレッド」. あっという間に体形データが3Dで写しだされ、結果に納得がいかない場合は撮り直しも可能。 中~高価格帯のワコールブランドを主に取り扱う百貨店売り場では、これまでも販売員による採寸や、体型の悩みに関する相談対応を重視してきた。

3
(下山氏) 今後見据えるのは、アバター接客を通じた働き方改革だ。 得意料理はボンゴレ・ビアンコとオッソブッコ。

ワコールの3Dボディスキャナーで下着選びを体験!カメラ20台で5秒で計測!! (1/1)

3d ワコール 3d ワコール

投資額は非公表だが、原宿の店舗だけで年間1万5000人の採寸を見込む。 従来のブラジャー選びのストレスを軽減する、新しいインナーウェア選びの体験を提供します。 自分に最適なサイズや商品が気軽に把握できる次世代型ショップの投入は、下着選びの従来のイメージを一新することができるだろうか。

20
下着に関する相談の場合、実際の人が出てくるよりもアバターと対話をした方が、お客さまはリラックスして会話ができるのではないかと考えた。 現在、導入を見据えて百貨店と商談を進めている最中だが、館によっては説得に時間がかかる可能性もある。

ワコールが新たな顧客体験の提供をめざす「アバター+AIの非対面型カウンセリングサービス」とは?

3d ワコール 3d ワコール

3Dでより強化したデータを ワコール京都本社にある「人間科学研究所」では、新製品の開発や製品評価以外にも、女性の美に関する研究を行っている。 サイズを計測する際は個室になっているため、計測中を誰かに見られるという心配ないのでご安心を。 店内中央にある大きなソファの周りには、客が自由に利用できるiPadが8台用意されている。

これまでは売り場の敷居の高さがあってか、後者のサービスが十分に伝わっていなかった」と語る(撮影:尾形文繁) それでも伊東社長は「スキャナーの導入は売り場の付加価値を高めることにつながる」と強調する。

ワコールが新たな顧客体験の提供をめざす「アバター+AIの非対面型カウンセリングサービス」とは?

3d ワコール 3d ワコール

デジタルでの採寸は、データ蓄積という面でも事業戦略上の大きな武器となる。 【関連記事】 これまでは販売員(ビューティーアドバイザー)の採寸や試着がぴったりブラ選びの王道だったが、ワコールが東急プラザ表参道原宿にオープンした「ワコール3Dスマート&トライ」は、3Dボディースキャナーで採寸し、接客AI(人工知能)がお薦め商品を提案するという、新しいサービスを提供する。 採寸したデータとそれを元にお薦めの下着サイズが表示される。

12
ここまでの一連のステップは客がセルフで行えるが、専門知識を備えた販売員が常駐し、相談や個室でのカウンセリングにも応じている。 接客AIはこの体形データと、各人の下着選びの悩みや好みのデザイン、シルエットに応じて、お薦め商品を提案する。

ワコール3D測定についてです。

3d ワコール 3d ワコール

全国で4店舗目で京都、滋賀では初めてとなる。 セルフで計測した顧客の多くが、終了後にBAとの相談を希望したのです。 「採寸」と「販売」を明確に切り分けることで、これまで下着売り場には来なかった若い客層も診断を受けた。

19
採寸データは定期的な体形チェックにも役立ちそうだ。 以前「3Dボディスキャナー」で計測して、その素晴らしさに衝撃を受けた私は、予約をしてアバターによるカウンセリングを受けてみました。