「デサント」が厚底ランシュー人気に一石を投じる。日本人の足向けに開発したシューズ、その名も「GENTEN」

シューズ デサント ランニング シューズ デサント ランニング

しかしGENTENは中足部に急なドロップを作ることで重心移動のサポートをしてくれるので、骨盤をしっかり起こした状態で反発をもらいやすいのが大きな特徴です。 このシューズを選ぶ一番の理由はこれかもしれないです! カーボン搭載で短いスピードレースで力を発揮する GENTEN-EL(エリート) 3種類の中で唯一カーボンプレートが入ったエリートタイプ しかしこのシューズ、フルマラソンでサブ2. ふくらはぎの筋肉やアキレス腱ができていないランニング初心者でも、少ない負担で走り切ることができるでしょう。

18
経営企画時に新規事業立案の中で関わった「デサント ランニングシューズ」の事業を自ら行うことになり、2018年4月に現担当となる。

デサントがランニングシューズ市場再び参入、日本人向けに徹底した薄底モデルで勝負

シューズ デサント ランニング シューズ デサント ランニング

サッカーやバスケットはスパイクやバッシュに履き替えるのが普通ですが、ランニングは極端な話、普段履いているスニーカーでもできてしまう。 このグラフェンの発見と研究によって2010年ノーベル物理学賞を受賞した2人の博士を有する イギリスのマンチェスター大学とシューズブランド「イノヴェイト」が世界で初めてスポーツシューズのアウトソールラバーにグラフェンを搭載することに成功しました。

18
重量を抑えるためにギリギリまで薄くしているそうです。 在庫が少ない商品のご注文に関しましては ご希望の注文数を、ご用意出来ない場合もございますので、予めご了承ください。

デサント「GENTEN

シューズ デサント ランニング シューズ デサント ランニング

【フォトギャラリー(GetNavi webにてご覧になれます)】. しかしなぜ、このランニングシューズ戦国時代ともいえるタイミングで、フットウェアを展開するのだろうか。 Amazonの情報を掲載しています スプリンターなら1足は持っていて損はない!トレーニングシューズ MIZUNO レーシングスター・asics ウインドスプリント ミズノとアシックスの傑作品の一つですね。

4
5cmですが、デサントはそれより1cmくらい大きく感じます。 ただ、ミッドソールに挿入されたドロップ構造が体を前に進めることを補助してくれる感覚がありました。

DESCENTEが真剣かつまじめに作ったランニングシューズコレクションが遂に登場。

シューズ デサント ランニング シューズ デサント ランニング

カーボンプレートはもちろんなし。 またソールからかかとに向かっての 補強も安定性の面では好印象ですね。

17
(写真はGENTEN-EL) ミッドソール形状 接地の感覚を足裏に伝達するために、ミッドソールは薄め。 そうですね。

フォアフット走法、ヒールストライク走法、ミッドフット走法を分析。ランニングコーチ・園原健弘が導く「日本人にフィットしたランニングフォーム」

シューズ デサント ランニング シューズ デサント ランニング

こちらも大丈夫そうです。 5cmを選びました。

9
無理をしてフォアフット走法を続けてしまうと、ふくらはぎやアキレス腱に大きな負担がかかるとされています。

塩尻和也選手「共感」。デサントから『新・薄底』ランニングシューズ

シューズ デサント ランニング シューズ デサント ランニング

リーズナブルなプライスも嬉しい。 「走ればわかるさ!」GENTEN-ST編 Runners Pulse本誌でもおなじみの、南井正弘編集長によるランニングインプレッションコラムである「走ればわかるさ!」。

6
順天堂大のユニフォームは、現在もデサントブランドであり、塩尻選手が所属する富士通のユニフォームもデサントが手がけている。