クロスボーン・ガンダム

ハート スカル ハート スカル

ゲーム開発、というのはとにかく金のかかるものである。 また、萌え以外の日本産からも強い影響を受けており、特にの『』や『』が色濃く反映されている。 腰部ハードポイント 腰部両側面に配置され、ザンバスターの非使用時にはバスターガンを右腰に、ビーム・ザンバーを左腰にマウントする。

9
クロスボーン・ガンダムX-13 [ ] 『』に登場する、専用機。 またこの修理の際に残存する予備パーツを全て使用したため、事実上「最後のクロスボーン・ガンダム」となった。

クロスボーン・ガンダム

ハート スカル ハート スカル

関節の保持力もちょうど良かったのですが片方のヴェスバーのBJが妙に緩くそのままだとポロポロ落ちる感じでした。 物語のスタート時点ですでに故人となっている。

6
その後パイロットとしての能力の高さを知ったクォ・グレーから大金で買い取られる形でスカウトされ、彼に対しては感謝の念を抱いている。 その後、蛇の足から共に戦う同志として受け入れられ、「エンジェル・コール」を巡る戦いに巻き込まれる。

スカルハート

ハート スカル ハート スカル

XM-X1 クロスボーン・ガンダムX1(2014年11月発売)• 登場作品と操縦者 [ ] 表記は「XBガンダムX1改・改」。 当初Steam版の方は日本語ボイスは付いていなかったが、約1年後の2017年4月3日のアップデートでこちらも対応した。

3
:スカルハートを破壊し、脅威となるものを全て排除した。

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート

ハート スカル ハート スカル

『V』、『X』で採用。 敵対するジャンク屋と交戦したさいに、フォントが自分を助けてくれた人物であると確信する。

3
クォ・グレーが戦死した後は、生き残った団員たちにクォ・グレーが残した指示だと嘘をついてフォントらに協力し、秘匿してあったディビニダドに搭乗してキゾとの最終決戦に臨む。

クロスボーン・ガンダムX1改・改

ハート スカル ハート スカル

威力はあまり高くない。 自分の役に立つなら得体の知れないサーカスでも重用するが、役に立たなければ忠実な部下さえも切り捨てる冷酷非道な人物。

スカルハート

ハート スカル ハート スカル

X1改・改に、メカニックに転向したウモン・サモンを中心としたスタッフが、サナリィの純正品ではない独自に製造したパーツを装着させ、フルアーマー化したバージョン。

腰のラックは差し替えで再現。 すると、地球側から政略の一環として、良家の女性(ベルナデットの母)との縁談が申し入れられる。

クロスボーン・ガンダム

ハート スカル ハート スカル

フォントたち海賊軍とサーカス、そしてザンスカール帝国軍との四つ巴の乱戦を行い、3名が海賊軍に投降した後はリガ・ミリティア本隊は彼女達を通じて密かに情報を受け取っていた。 そもそもコア・ファイターを採用した理由は、パイロットやデータの確保のほかにもコア・ファイターごと換装して様々な環境に適応する目的もあったという。 クロスボーン・ガンダムの腰のハードポイントからもエネルギー供給して威力を上乗せしたビームを放つこともできる。

7
右肩、頭部とカラーリングを除けばほぼX3といっても過言ではない。