KEGG DRUG: プロパンテリン臭化物

テリン プロパン テリン プロパン

【使用にあたり】 症状によって、飲む量、飲み方が異なります。 体臭やワキガなどの発生原因の元となる多汗を改善する効果があります。 口や喉の渇きや排尿障害などの副作用には注意 以上、プロバンサインの効果と副作用についての解説でした。

19
散瞳、口渇などの作用は弱い プロパンテリンは強い鎮痙作用を示すが、散瞳、口渇などの作用は弱い。

吸収過程での薬物相互作用

テリン プロパン テリン プロパン

プロスパスは、多汗症改善以外にも潰瘍や胃炎、頻尿・夜尿症、遺尿症の改善などにも用いられます。 長期間の服用だと分かりませんが、短期的な副作用としては症例は特に報告されていないようですね。 アセチルコリンは、副交感神経に作用して、胃や腸など消化器の運動を活発にする神経伝達物質。

17
アセチルコリンには消化管の働きの促進や膀胱収縮の作用があるため、アセチルコリンを遮断することで上記のような症状を和らげてくれるのです。

消化性潰瘍と治療薬

テリン プロパン テリン プロパン

緑内障[眼圧上昇により症状を悪化させる恐れがあります。

9
スコポラミンは副交感神経節遮断作用がある。

プロパンテリン:プロ・バンサイン

テリン プロパン テリン プロパン

作用 【働き】 内臓の平滑筋のけいれんを抑えたり、胃酸の分泌を抑える作用があります。 この神経の働きはアセチルコリンという神経伝達物質により強まります。

13
口の渇き、便秘。 アルコール、タバコと薬の相互作用 薬物と環境物質間の相互作用 重金属(鉛、水銀、カドミウム)、排気ガス、農薬、ダイオキシン類など 薬物相互作用を起こす薬は膨大な数があり、それを網羅的に記載しようとすれば、タウンページくらいの情報量になってしまいます。

プロパンテリンを服用しています。とにかく汗かきで、ずっとコン...

テリン プロパン テリン プロパン

発症頻度は0. 出典: 副作用の対策方法 口や喉の渇きは多くの人が感じると思うので、プロバンサインを服用して外出する時は 水分補給をこまめにした方がいいです。 作用 【働き】 内臓の平滑筋のけいれんを抑えたり、胃酸の分泌を抑える作用があります。

8
前立腺肥大[排尿障害を起こす恐れがあります。 また、医療機関で処方してもらう場合は医師・薬剤師の指示に従うのが一番です。

頭部・全身の汗を止める多汗症治療薬プロバンサイン

テリン プロパン テリン プロパン

(例)シメチジン(商品名:タガメット)とイトラコナゾール(商品名:イトリゾール):シメチジンのH2受容体拮抗作用により胃内pHが上昇し、イトラコナゾールの溶解性が低下する。

副作用 頻度は不明ですが、主な副作用には眼の調節障害、口渇、便秘、排尿障害があげられています。 成分量 日本国内においては15mgが処方されています。